Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テスト記事

とりあえずテスト。

マイPCsのファイター素質を計算してみる

白銀さんのブログで「ファイター採点簿」なる物をみつけたので、興味本位でうちのPCsにも
当てはめてみました。くわしくはこちらをどうぞ。

追記を表示

ふっかつのじゅもん

ゆうてい…後なんだっけ?
たった4文字しか覚えていないのかよ!と自分にツッコミしつつ復活です。
このブログをほうっておくのももったいないと思ったので、毎日ちょこっとずつ
更新していこうと思います。またすぐにほったらかしにしそーだけど…

見ている方々になるべく面白くなる様努力する所存ではあります。
あまり期待しないで気まぐれに見守ってあげて下さい(笑)
とりあえず、アダルト宣伝コメントは全部削除しました。
こんな人の来ない場所で効果0の宣伝乙!

恋愛バトン メグ編

固定キャンペーン『神々の居座』のキャラクター、メグこと
メーガン・メイガス宛に恋愛バトンが回ってきました。
ちなみに回して来たのは同僚のレヴォ…の使い魔のカラス。

一応説明しておくと、メグは金髪お下げのティーンガール。
スラム育ちの農場出身の女の子で、コックもやってます。
その割に技能はレンジャーとソーサラーと言うはっきり言って
何が本職か分からない始末。これは非常に優秀な能力値を反映して
天才タイプなのだと苦しい言い訳。実際はメンバーの都合で色々
兼任する事になったのだけど。
彼女はプロミスドランドと言う神の居ない宗教(むしろ哲学?)を
信仰しており、人との縁や絆、居場所の作り方、目的を持つ事など
生きる上で大切な事を重視しています。とてつもなくマイナーで、
神殿どころか文献すら無い宗教だけど、何故か彼女は母から受け継いだ
聖書を持っていたり…
性格は…バトンの答えを見てもらえば分かるでしょう。それでは
恋愛バトン、行ってみよう!

追記を表示

恋愛バトン シエロ編

アクアのを書いているうちにマヒロたんからシエロ宛に恋愛バトンを
渡されてしまいました。それもハノハノから(笑)
ヘタレ臭ぷんぷんの純情青年が果たしてどんな事を言い出すのやら…

追記を表示

恋愛バトン アクア編

なんとアクア・L・バードに恋愛バトンがやってきましたよ。
雑談ルームでアクアの弟子ことイスズに貰いました。
ハチャメチャコギャルの恋愛観とは如何に。

アクア「これはあたしへの挑戦と受け取ったわよ!とくと拝みなさい、あたしの解答を!」

追記を表示

恋愛バトン リビー編

G2さんから恋愛バトンなるものを頂きましたよ。しかも指名されたPCはリビー・リートン。なんと通好みな。そんな訳で思うままに適当にやってみます。

リビー「ボクの恋愛観、ですか…果てさて、面白く話せる物かどうか」

追記を表示

画廊その1・シエロ編

いい加減このページを放っておくのももったいないと感じたので
自分が描いたり人から貰ったりした絵の置き場にしてみようと思ったり。
せっかくブログがあるのだから有効活用してみようホトトギス。

まずは自キャラのシエロ・L・バードをトップバッターに。

追記を表示

アバロン設定 NPC編

今までのアバロンセッションに出てきたNPCsを軽くまとめておく
メモ記事です。自分が忘れない様にするのがメインの目的。
最終更新日:2006年11月18日

追記を表示

ゆうしやばとん シエロ変

豆さんからシエロに勇者バトンが渡されましたので、やってみます。
丸PCの中で一番マトモでもあり一番壊れてもいる彼の勇者体験は、
きっとおそらく、ロクな事にならない。
================================

追記を表示

ハロウィン絵でも

今年描いたハロウィン絵を載せておきます。15時間突貫工事で丸PC
全キャラを一枚の絵に収めました。ああ、線が荒い。
とりっくおあとりーと

誰が誰だかわかりにくいかも知れないので一応解説を。
右下のシエロ:ジェイソン(マスク)
シエロの隣のアクア:サキュバス
アクアの左のカスミ:雪女
左下のマルルン:バンシー
マルルンの上のフリード:ヴァンパイア
フリードの右のマリア:死神
フリードとマリアの後ろのリビー:マミー
中央奥のニン:ジャック・オー・ランタン
アクアの右上のパプリカ:箒に乗った魔女
シエロの上のコクヨウ:幽霊
背景の青髪男:参加しなかったシェン
背景で飛んでいる物体:説明不要

ゆうしやばとん パプリカ変

羽裏さんのブログと相互リンクしました。今後ともよろしくお願いします。
そしてリンク記念に?ユゥリィからうちの妖精に勇者バトンが渡されたので
パプー(動詞)させてみようと思います。
================================

追記を表示

アバロン設定エラッタ(元仮設定)

遊戯会に投稿したアバロン設定の現バージョンにはいくつか修正箇所が
含まれていたのでここに書いておきます。いずれは新バージョンを
投稿せねば。
================================

追記を表示

近況報告

読者の存在が非常に疑わしいブログとは言え、あまりにほったらかしに
しておくのもどうかと思ったので。最近の事を書きます。

つい先日にサッカー・アジアカップの日本VSイエメンがあり、日本が
2-0で勝ちましたが…まあ、至極当然なので特になんとも思いません
でした。来月のVSサウジアラビアは流石に燃えそうなんですが…
お気に入りの選手が居ない事が夢中になれない原因かなあ。中田英が
引退し、中沢が代表を辞退し、中村、柳沢、小野、福西あたりは当分
ご無沙汰になりそうな予感…最近調子が良い三都主あたりに期待して
みましょうかね。

ところで私がゲームを買う時、通販でいくつかゴソッと買う癖があるの
ですが、先日それをやらかしてしまいました。それも微妙な物ばかり。
・東方サッカー(同人ゲーム。テクモ版キャプ翼のパロディ)
・プリンセスメーカー4(光源氏計画発動が目標のゲーム)
・リリーのアトリエ(ちょっと古いけどPS2の名作)
・メルティブラッドPS2版(PC版よりバランス、AI良し)
・ディスガイア2(エトナが居ればそれで良いんです)
・FF12(もうすっかり熱が冷めたFFシリーズだけどそれでも買う)
RPGにシミュレーションに育成ゲームに格闘ゲームにスポーツに…
我ながら節操が無い。これだからTRPGや絵から遠ざかっちゃうんだ。

日本VSトリニダード・トバゴ(試合後)

とりあえずは勝ちましたね。まあ、普通に考えればトリニダード・トバゴより
日本の方が強いでしょう。ろくにベストメンバーが呼べない状況では
どうかとも思いましたが、まずは幸先の良いスタートです。

更にここからはアジアカップ予選のイエメン戦があります。今度は
ガンバなどのクラブから選手が呼べる様なので更に強い日本が見れるでしょう。
と言うか、インド並に弱いイエメンに苦戦する事すら許されないのですが。
まあ、まず間違いなく点差をつけて勝ってくれるでしょう。仮にも
アジアチャンピオンですしね。

それにしても相変わらず、私自身が無気力だなあ。おざなりな記事に
なってるよ…

日本VSトリニダード・トバゴ(試合前)

ワールドカップが終わってはや1ヶ月、監督はとっくのとうにジーコから
オシムに替わり新体制の下トリニダード・トバゴとの親善試合が
行われようとしています。

しかし、ほとんど興味が沸かないのはどうした事でしょうか。日本代表に
対する熱が冷めてしまったのか、ニュースを負う気力がありません。
ニューフェイスが多かったり、オシムが独特のトレーニングを
施したり、Jのクラブが選手を出したがらなかったりと色々ある事は
あるのですが私がまた日本代表に夢中になるには時間がかかるのかなあ…

いずれにせよ、オシムジャパンの初陣。上手く行っては欲しい物ですね。
チームが新しすぎて予想がしにくいので結果予想は今回は無しで。

2006年ワールドカップ日記 超遅刻バージョン

ふと自分のブログを見直してみれば、ワールドカップの決勝戦について
全く書いていなかった事に気づきました。どうやら書いたつもりで
すっかり忘れていた様です。勿論その間リアルで色々忙しかったりも
したのですが…

さりとて、今更書く事は殆ど無いでしょう。誰もが知っている通り
イタリアが優勝し、4度目の栄冠に輝きました。ジダンのキャリア最後の
大暴挙となったヘッドバッドについては、正直あまり興味がありません。
どう見ても真相は明らかになりそうに無いですから。

この期間、本当に色々な事がありました。日本のあっさりとした敗退、
中田英敏の現役引退表明、アジア勢の予選リーグでの全滅、
オーストラリアの躍進…数え上げれば切りがありませんが、これからの
アジアサッカーおよび日本サッカーに影響していく事はこれ位でしょう。
長かった2006年Wカップまでの道のりも、大会そのものも、
過ぎ去ってしまえばあっと言う間でした。2010年はかなり遠く
見えますが、来てしまえばまた早く感じるのでしょう。

とりあえずは目先のアジアカップとそれに伴う日本代表の再建に
注目していくつもりです。日本がV3を祝えてコンフェデレーションズ
カップに出場出来ていれば2010年が楽しみになるでしょう。
ですがそれはまだまだ先の話。今は日本代表の皆さん、中田英敏氏、
そしてジーコ前監督。遅くなりましたが、お疲れ様でした。

2006年ワールドカップ日記 7月9日

いよいよワールドカップ決勝戦が今夜に迫る一方、ドイツとポルトガルは
三位決定戦でしのぎを削っていました。かたやベスト8入りすれば
ラッキーと言われた開催国とかたや上位争いの期待は薄かった小国。
どちらも決勝進出は敵わなかった物の、今後の為にも好成績を
収めたかった両国の激突は中々の見物でした。追記で三位決定戦を
振り返ってみましょう。

追記を表示

2006年ワールドカップ日記 7月6日

全然日記じゃなくなったこのシリーズも後1、2回の書き込みで
いよいよ終わってしまうでしょう。日本のあっけない敗退から始まった
私にとっての2006年ワールドカップも終わりに近づき最早
3位決定戦と決勝戦を残すのみです。長い長いサッカー祭りの1ヶ月が
もうすぐ終わります。はたして栄冠はイタリアとフランス、どちらが
手にするのか…この二国がどう準決勝を勝ちあがったのか、追記で
見直してみましょう。

追記を表示

2006年ワールドカップ日記 7月3日

はい、もう全然日記じゃありませんね。試合の間隔が開いてきているから
ある意味当然とも言えるのですが。いずれにせよ、第2回戦が全部
終わったのは二日前。明日からは準決勝が始まります。ワールドカップも
大詰めです。日本は兎に角オランダ、そしてブラジルやイングランドまで
居なくなっているとは思いもしませんでしたが…なんだか開催国の
ドイツが優勝しちゃいそうな勢いです。とにかく追記で第2回戦の
4試合全てを見直してみましょう。

追記を表示

2006年ワールドカップ日記 6月29日

うっかり28日分の日記を書き忘れたので今日はまとめて二日分です。
二日分といっても決勝トーナメントの第一回戦が全部終わった
タイミングなので28日には試合がなかったのだし、次の試合は
30日にあるので横着も許される日だと自己完結しつつ追記を
書いています。

追記を表示

2006年ワールドカップ日記 6月27日

今日もワールドカップは続きます。敗者達は黙って勝者達の行く末を
見守るのみ。それが勝負の世界の掟です。追記をどうぞ。

追記を表示

2006年ワールドカップ日記 6月26日

もう前口上のネタも尽きてきました。やっぱり日本が居ないと興味が
そがれる物です。無意味な文章を書き連ねてもしょうがないのでさっさと
追記で昨日の試合を振り返ってみましょう。

追記を表示

2006年ワールドカップ日記 6月25日

いよいよ決勝トーナメントが始まりました。日本が加わっていないのは
さびしい限りですがそれでもどこが勝ち上がるかはとても興味深いです。
私の予想がどれだけ当たるか毎日確認していってみましょう。それでは
追記をどうぞ。

追記を表示

勝手に予想 Wカップ展開 決勝トーナメント編

いよいよ決勝トーナメントが始まります。私のグループリーグ展開予想は
かなり外れまくっていましたが、どうせ4年に1回の出来事なのだから
決勝トーナメントの展開も予想してしまいましょう。
大会が終わってからどれだけ外れたか確認して大笑いする為に。
当然の如くとても長いので追記をどうぞ。

追記を表示

2006年ワールドカップ日記 6月24日

日本の敗退が確定してから今大会について書き続けるのが辛くなったのは
言うまでもありませんが、塞ぎ込んでいても良い事はないので自分を
励ましつつキーボードに向かっています。今日も予選グループ最後の
4試合を追記で見直してみましょう。

追記を表示

2006年ワールドカップ日記 6月23日

日本 グループ4位 勝ち点1 0勝2敗1分 2得点 7失点

これが現実と言う訳ですか、そうですか。ええ、今私はウィイレ10で
日本選手の全能力を10増やしてお馬鹿なストレス解消していますよ。
全員ロナウジーニョ状態で10-0とかやっています。ああ、虚しい…

電波を撒き散らしていてもしょうがないので何時も通り試合を振り返って
みましょう。言うまでもなく追記をどうぞ。

追記を表示

2006年ワールドカップ日記 6月22日

いよいよ今夜です。日本代表の命運が決まりこの4年間の結果に審判が
下される日です。日本時間で午前4時から始まると言う時差を呪いたく
なる時間帯のゲームですが、当然リアルタイムで見ます。

くよくよ言っていると何時までも終わりそうにないのでさっさと昨日の
ゲームの結果を見直してみましょう。追記をどうぞ。

追記を表示

2006年ワールドカップ日記 6月21日

風邪を引きつつもプリンターの修理にでかけた丸の字です。風邪薬で
楽になったので調子に乗ってDDRを踊ったら当然悪化しました。
人生ネタです。

特に思いつく事がないのでリアル事情をつかみにしてみました。
それでは何の脈絡も無く20日の試合を振り返ってみましょう。
グループ最終節にさしかかり、1日4試合になったのでペースアップです。

追記を表示

2006年ワールドカップ日記 6月20日

いよいよ日本代表の敗退が色濃くなってきました。最終節の結果次第とは
言う物の、一体どういう結果なら逆転突破出来るのかと言うと、以下の
3つの条件が満たされる必要があります。

①クロアチアVSオーストラリアでクロアチアが勝つか引き分ける。
②ブラジル相手に勝つ。
③得失点差でクロアチアとオーストラリアを上回る。

①はまあ現実的な可能性です。両者ともなんとしてでも予選突破を
確定させたいので、どうなるかは分かりませんが②と③に比べれば
はるかに望みがあります。因みにどちらが有難いかと言うとクロアチアが
1点差で勝つ事です。
②はかなり難しいでしょう。いくらマイアミの奇跡や昨年のコンフェデでの
健闘を主張した所で結局日本とブラジルの間の大きな溝は埋まりそうに
ないのですから。引き分けでも大金星と考えるべきです。
③が一番無理があります。②の条件を満たさないといけないのは
元より、ベストケースシナリオでも最低2-0で勝たないといけないの
ですから。日本2-0ブラジル…想像できないスコアラインですね。

こうなると初戦の大量失点での敗北が悔やめてなりません。今更ですが、
試合後に「1-1の時点で日本にPKが与えられるべきだった」と
言うFIFAのコメントが恨めしく思えてきますね…終盤でボカを
繰り返した日本が悪いのは言うまでもありませんが。

愚痴っていてもしょうがないので19日の試合結果を書き込んで
行きましょう。追記をどうぞ。

追記を表示

Appendix

このブログを書いた人

VGAPとか丸とか呼ばれている正体不明の球体。ゲームとサッカーとTRPGと食い物をこよなく愛する逸般人。胸を張ってオタクを自称します。

VGAP

Author:VGAP
とりあえずこれが私だと思ってください。実像とはかけ離れてるけどね!

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。