Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://vgap.blog55.fc2.com/tb.php/44-1ea96f57
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

2006年ワールドカップ日記 6月22日

いよいよ今夜です。日本代表の命運が決まりこの4年間の結果に審判が
下される日です。日本時間で午前4時から始まると言う時差を呪いたく
なる時間帯のゲームですが、当然リアルタイムで見ます。

くよくよ言っていると何時までも終わりそうにないのでさっさと昨日の
ゲームの結果を見直してみましょう。追記をどうぞ。
================================
オランダ(世界3位) 0-0 アルゼンチン(世界9位) (私の予想は2-2)
 実は大して死のグループではなかったグループCの2強の直接対決は
退屈なドローに終わりました。シュート数が両側10本ずつ程度で、
ファウルの数も平々凡々。決勝トーナメントが控えているのだから
わざわざ消耗したくない両国の思惑は分かりますが、せっかく世界でも
5本の指に入る攻撃的チームが激突したのだから、手加減無しの
ガチンコ勝負を見たかったのは私だけでしょうか?ワールドカップを
勝ち上がる為と考えたら当然の戦い方でしたが…いずれにせよ、これで
アルゼンチンが首位突破しオランダが2位で勝ち抜きました。この
2チームのうちどちらかが準決勝以上に勝ち上がる躍進を見せてくれる
でしょうか?

コートジボワール(世界32位) 3-2 セルビア・モンテネグロ(世界44位) (私の予想は1-1)
 なんと言う激闘だった事か!両チームとも予選敗退が決まっており
せめて1勝をの思いで臨んだ試合はお互いが自分のサッカーを貫き通し
全力で戦った好ゲームとなりました。セルビア・モンテネグロは
前半の早い時間帯で巧く2点リードして当然の如くこのリードを守りに
行きましたが、コートジボワールの気迫に押されたか前半の内にPKを
謙譲し更に退場者を出すと言う有様。そこから先はコートジボワールが
一方的に攻め後半半ばに同点ゴールを決めましたが、セルビア・
モンテネグロも持ち直し再び一進一退の攻防に。この試合は終盤に
2本目のPKでコートジボワールが逆転し、残りの時間帯を退場者を
出しつつも守りきると言う幕切れで終わりました。両チームとも敗退が
決まっていたとは言え、コートジボワールはこれ以降アフリカの強豪と
化しそうな勝負強さを発揮。モンテネグロと分離するセルビアは一方で
悲しい逆転負けとアルゼンチン戦に続いて前途多難な結果でした。
ワールドカップの光と影はここにもありました。

ポルトガル(世界7位) 2-1 メキシコ(世界4位) (私の予想は0-0)
 この試合は今大会のポルトガルの調子の良さを裏付ける結果に
終わりました。前半の2-1のスコアがそのまま最終スコアになって
いる事が両国の勢いの差を示しているでしょう。後半メキシコは
PKを失敗したりレッドカードをくらったりと散々な目に会い、そのまま
成す術も無くやられてしまいました。どうやらポルトガルにはツキが
ありそうで、ベスト8入り位は硬そうだと言う印象を受けました。
一方メキシコは負けてしまった事であわや予選敗退の危機にさらされ
ましたが、同時に行われていたイランVSアンゴラが引き分けに
終わった事でなんとか生き延びました。こっちはあんまり長生き
しなさそうですね。

イラン(世界23位) 1-1 アンゴラ(世界57位) (私の予想は2-1)
 なんとかメキシコを蹴落として決勝トーナメントに行きたいアンゴラが
ボールポゼッションでもシュート数でも押されつつ諦めずにカウンターを
狙っていき、後半遂に先制。しかしもう1点必要と言う事実が彼らを
浮き足立たせたのかイランが意地の同点ゴールを決め、そこからは
開き直ったイランに押されたまま決勝トーナメント進出の望みを
なくしてしまいました。こうしてグループDでも結局前評判通り
メキシコとポルトガルの2強が勝ち進み、アジアとアフリカから来た
挑戦者達は涙を飲んで帰る事になりました。

以上が6月21日の結果でした。今の所グループA~Dが終了しましたが
サプライズと言える様な勝ち抜きはAでポーランドを蹴落とした
エクアドルだけですね。唯一ピンチにさらされたメキシコも後続した
アンゴラの息切れに助けられました。グループE~Hでは…
Eは何処が勝ち上がってもおかしくない一方、Fでは日本がブラジルに
勝ちでもしない限りサプライズはなさそうです。Gは韓国とスイスと
フランスの三つ巴に注目すべきで、Hではチュニジアがウクライナを
直接対決で蹴落とすビッグチャンスがあります。F以外はサプライズを
期待できそうで楽しみですね、あはは(乾笑)

さて、泣いても笑っても今夜が日本の運命の分かれ目です。ジーコは
初めて先発メンバーやフォーメーションを秘密にしましたが、蓋を
あけてみたら宮本以外去年のコンフェデと同じメンバーでの4-4-2
だったりして…
いくら書いても書き足りないので、これだけにします。日本頑張れ。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://vgap.blog55.fc2.com/tb.php/44-1ea96f57
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

このブログを書いた人

VGAPとか丸とか呼ばれている正体不明の球体。ゲームとサッカーとTRPGと食い物をこよなく愛する逸般人。胸を張ってオタクを自称します。

VGAP

Author:VGAP
とりあえずこれが私だと思ってください。実像とはかけ離れてるけどね!

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。