Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://vgap.blog55.fc2.com/tb.php/53-8ee3486a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

2006年ワールドカップ日記 7月6日

全然日記じゃなくなったこのシリーズも後1、2回の書き込みで
いよいよ終わってしまうでしょう。日本のあっけない敗退から始まった
私にとっての2006年ワールドカップも終わりに近づき最早
3位決定戦と決勝戦を残すのみです。長い長いサッカー祭りの1ヶ月が
もうすぐ終わります。はたして栄冠はイタリアとフランス、どちらが
手にするのか…この二国がどう準決勝を勝ちあがったのか、追記で
見直してみましょう。
================================
ドイツ(世界19位) 0-2 イタリア(世界13位) (私の予想は無し)
 ついにドイツが落ちました。延長後半終了間際の2失点。ここまで
粘りきったドイツにとってはとても残念な結果でした。PK戦に
逃げ切れば勝ち目もあっただろうけど、後ほんの2、3分で命運を
絶たれるとは…しかし、試合自体はイタリアが明らかに押していた為
PK戦でイタリアが負けると言う事にならなかったのは良かったかも
知れません。ワールドカップの終盤がPK戦ばっかり、と言うのも
味気ないしね。こうしてドイツは悲観論を裏切る好結果を残した物の、
覇権にはやはり手が届きませんでした。せめて3位を確保できるか
どうかがクリンスマン監督の評価の分かれ目でしょう。

ポルトガル(世界7位) 0-1 フランス(世界8位) (私の予想は無し)
 またしてもジダン炸裂!前半中盤に見事PKを決め、そのまま虎の子の
一点を守りきってフランスが決勝へ駒を進めました。破れたポルトガルは
凄まじい攻撃を繰り返しシュート数や支配率では圧倒していましたが、
実際はフランスのベテラン達に翻弄されたと言う感が拒めませんでした。
強豪国にはなり得ない小国の快進撃もここまでだったと言う事です。
それにしても、ジダンにはこの上ない花道が用意されましたね。
決勝戦で勝っても負けても、彼にとっては最高の舞台となるでしょう。
今大会に数多く出場したベテラン選手の中で一番恵まれたのは文句無しに
彼だったと思います。

以上が7月4日と7月5日の試合でした。決勝はイタリア対フランス…
共に私が期待していなかったチームです。前者はセリエA騒動で
メンタルにほころびが生じ、後者はジダンが不調になった途端終わると
予想していたのになあ…まだまだ私のサッカー眼は甘いです。

最後に。今更と言ってしまえば今更ですが中田英寿の引退表明について。
釜本、奥寺、カズと続いて日本サッカーのリーダーとなっていた彼の
最後はあっけなく、早い時期の物でした。カズやイタリア代表の
デルピエロなどがカムバックコールをしているそうですが、彼が
自分の発言を撤回する事は恐らくないでしょう。私としては2010年の
南アフリカ大会で頼りになるベテランになっていたら良かったと
思うのですが、どうにも無理みたいです。
彼の一番の不幸は、とうとう対等の立場で話せる相手が出現しなかった
事ではないでしょうか。実力的には中村や小野なら追いついていた
でしょうが、スケールの大きさでは何時も何時も一人ぼっちでした。
今後中田英寿を越える日本人サッカー選手が現れるとしたら、それは
当分先の事でしょう。同世代で僅かに可能性があるとしたら中村、小野、
松井、大黒あたりでしょうが、まず無理だろうなあ…次世代では平山
以外今の所可能性が見えてこない。今後日本サッカーはどうなるのやら?
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://vgap.blog55.fc2.com/tb.php/53-8ee3486a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

このブログを書いた人

VGAPとか丸とか呼ばれている正体不明の球体。ゲームとサッカーとTRPGと食い物をこよなく愛する逸般人。胸を張ってオタクを自称します。

VGAP

Author:VGAP
とりあえずこれが私だと思ってください。実像とはかけ離れてるけどね!

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。